Ȃ퐶s


「生活クラブ・ソーシャルインクルーシブ助成」助成団体訪問取材①:たかつフードバンクチーム(川崎市)

 生活クラブ生協たかつデポー(川崎市高津区)の集会室に次々と運び込まれる段ボール箱。「たかつフードバンクチーム」の活動が始まったのは2021年の4月。チームのリーダーであり、かわさき生活クラブ生協たかつデポーの共済たすけあい委員長の浅田美鈴さんが、フードバンク学習会で子どもの貧困の現状について知ったことがきっかけだったそうです。「身近にいる食に困っている人たちに何かできることをしたい」と委員会……

団体訪問取材「一般社団法人かけはし(第17期助成団体)」―空き家を活用した多世代が集うコミュニティカフェの開設準備-

日  時:2022年3月31日(木)13:30~15:00 場  所:地域の居場所かけカフェ 取材協力:廣瀬貴樹さん、廣瀬千尋さん 取材者 :大石高久(市民基金)  一般社団法人かけはしは、元小学校教師の二人、廣瀬貴樹さん、廣瀬千尋さんが中心になって、昨年5月に立ち上げた団体だ。  ホームページで「かけはし」の名前の由来を次のように語っている。『こどもたちの「今」と「未来……

生活クラブソーシャルインクルーシブ助成 助成団体が決定しました

生活クラブソーシャルインクルーシブ助成は、初の生活クラブ神奈川独自助成です。この実現は、生活クラブのたすけあいを広げる日々の活動の積み重ねによるものですが、主には昨年12月の「生活困窮者支援カンパ」でおおぜいの参加(5238名/1口千円)により目標をこえる9,529,000円のカンパ金が集まったこと、そして生活クラブが中心となって2013年に創設した生き活き市民基金(公益財団法人)と連携で……

第17期福祉たすけあい基金(スタート)助成団体が決定しました。

県下の市民1万1千人の毎月100円の寄付で非営利の市民活動に助成する「福祉たすけあい基金」(公益財団かながわ生き活き市民基金)第17期(通常型)の助成先が決定しました。神奈川で起きている課題の解決を志す市民活動を行う18団体に対し、4,998,871円の助成が決定しました。 ⇒第17期(2022年3月)助成団体一覧 福祉たすけあい基金17期スタート助成は、長引くコロナ禍の中での募集とな……

1 2 3 32